気持ちいい心でいたい

できることならいつも清々しい心でいたいと願う私の日記ブログ

音楽ストリーミングサービスSpotifyを聴くと、なぜ中年も新しい楽曲を楽しめるのか

f:id:sousakubito:20190501015914j:plain


最近、Spotifyの会員になったので、新しめの音楽を聴くことが増えました。

「新しく創られた音楽」というものは、細胞を若返らせる力があると感じています。あなたは、どう思いますか!?

Spotify(スポティファイ)とは、2008年にスウェーデンで生まれた音楽ストリーミングサービスで、月間アクティブユーザーは1億8,000万人ほどいるそうです。

続きを読む

また元彼と付き合いたいと願う乙女たちへ、私が復縁を勧めない理由とは

f:id:sousakubito:20190329044415j:plain


復縁を望んでいるお嬢さん、元カレ(元カノ)のことが忘れられなくて辛い思いをしている、そんな方々に読んでいただきたい記事です。

先日、大型書店をうろついていたら、元彼との復縁に関する本がごっそりとワゴン積みで置いてありました。ニーズがあるからよく売れているのでしょうか?

これはあくまでも個人的な考えなのですが、復縁はやめた方がいいんじゃない?って意見です。

大抵のケースでは、2人の間に昔と「まったく同じストーリー」が繰り広げられる可能性が大きいからです。


www.mind-circle.com

続きを読む

健康長寿を目指すと成功者になれる?たった一つの長寿の秘訣とは

f:id:sousakubito:20190410234359j:plain

「僕、コーヒーを絶ったんですよ」
先日、健康に気を使っておられるヘルシー志向の40代の男性がおっしゃっていました。

特に大病をしたわけでも体調不良を感じているわけでもなく、健康情報でコーヒーはカフェインを含むため、たくさん飲みすぎると良くないと知ったので、思い切って実践しようと思ったそうです。

ホッと一息する楽しみが一つ減ってしまうので、何か代わりのものが見つかるといいですね、と思いました(言わなかったけど)。

そして、健康情報も『イマドキの情報』として受け取った方がいいのかな〜、と考えていました。

続きを読む

書類の山にはお化けがいっぱい!紙をスッキリ片付け棚に収納して集中力が上がる書斎にして気づいたこと

f:id:sousakubito:20190316122610j:plain

書類断捨離をしています。

家の中にあるモノの片付けの中で、私にとっては一番ハードルが高いカテゴリーが書類・紙類です。

というのも、断捨離するかどうかを見極めるために、書類を一つ一つチェックしていると、お化けが出てきて作業する手が止まってしまうからなのです。

続きを読む

「決める」はパワフルな自己実現ツール、過去に決断したから今こうなっている

f:id:sousakubito:20190302192955j:plain


見た目も味も美しいパテを出してくださるお店で、旧友S子とランチ。

新鮮な野菜が添えられた美味しいココット料理をいただきながら、ふと昔のことを思い出していました。

私たちが21歳のある日、ある出来事があって、2人である決意をした時のことです。

 

 

 

続きを読む

人や物と、ゆるく繋がってるご縁の「糸」がすごく増えた新時代

f:id:sousakubito:20190301025431j:plain


甥っ子が元カノとお別れしたのは昨年の夏でした。

それなのに、甥っ子の元カノちゃん@18歳と私はいまだにインスタグラムで繋がっていて、お互いの投稿に❤️マークを付け合ったりしている。

金髪ブルーアイの可愛い女の子、うちに泊まりにきたこともあるし、いい子だし、彼女とSNSで繋がってることは楽しいのだけれど、同時に不思議な気分でもあります。

お別れしたのよねぇ?叔母が繋がったままでいいのかしら?もっとカジュアルに考えてればいいの?なんかフシギだな。

 

 

 

続きを読む

ワイヤレス イヤホンAirPodsを片方だけ失くしたら?紛失したときの決断・解決・予防のステップ

f:id:sousakubito:20190225235901j:plain


 AirPodsAppleが開発したワイヤレスヘッドホン)を『片方』なくしてしまったときの体験をシェアします。

無くしたのが『片方』だけというのが困りものでして、音楽のある日常に戻るまで、いくつかの決断を迫られるのです。

「わっ、失くしちゃった!」と気づいた瞬間から、2度と同じ過ちを犯さない対策まで、私がたどった体験が何かの役にたてるかもしれないと思い、記事にすることにしました。

まだ失くしてないAirPodsのご愛用者の方も、よろしければ一通り目を通していただくと紛失防止のためのヒントになるかもしれません。

 

続きを読む

過去記事の整理でわかった、残るブログ記事には自分が込められている

f:id:sousakubito:20190215192453j:plain

私がはじめてブログというものに挑戦したのは、2007年8月24日のことでした。 この最古のブログは、仕事上で今も使っています。

今、思い切ってたくさんの記事を削除しています。残せるものについては修正しているのですが、判断するにあたり記事を読まなくてはなりません。

「残す記事」を眺めていたら、あることに気づきました。残すと決めた古い記事には、ある特徴があったのです!

 

 

 

続きを読む

忙しい時こそ書斎の片付け祭り!収納する前に本棚から本や書類を全部出しすることからスタート

f:id:sousakubito:20190212235240j:plain


ついに、2階の仕事部屋を大々的に『お片付け』することにしました。

ここのところ仕事が忙しかったり、テコ入れせねばならぬWordPressサイトが数個あったりと、書斎にこもる日が続いていました。

作業が多いほど頭の中がぐしゃぐしゃになるたちです...。

そろそろ「脳」が限界っぽくなってきたので、こんまり流の片付け法で書斎を徹底的に片付けよう!と決心したのです。

 

 

 

続きを読む

お金の心配ある?無い?超簡単なメンタルトレーニングで脳の記憶を書き換える2つのマネー心理戦略

f:id:sousakubito:20190211005044j:plain


お金の心配」をしなくてすむ方法って、なんだろう?

そんなことを時折考えていました。何故ならば、お金の心配をしてる人って、必ずしも「お給料が安い人」というわけではないからです。

いつもいつもお金の心配をしている人は、平均よりお給料が高かったり、安定した職業についている人だったりするので、不思議だったんですよね。

他人から見たら「あなた、お金の心配などする必要ないんじゃない?」と思えるような状況の人が、何故「お金の心配」をするのでしょうか?

 

 

 

続きを読む

人生に成功する「選択できる心」を育む片付けで自己イメージを高める環境づくり、Netflixで近藤麻理恵(こんまり)さん再フィーバー

f:id:sousakubito:20190202132851j:plain


片付けを終わらせる」という言葉を初めて聞いたとき、単に片付けという動作を表すものではなく、何か、もっと深い意味があるのでは?と感じました。

Netflixのオリジナルシリーズで、片付けコンサルタント近藤麻理恵(こんまり)さんによるストーリーが始まり、米国で大ヒットしています。

いま再び、世界中でこんまりさんの「ときめき片付けブーム」が巻き起こっているのです。

私自身も、こんまりさんの本で人生が良い方向へとシフトしていった一人。他の国の人々も、同じように心豊かな毎日へとシフトしているのだな〜と思うと、心から嬉しく思います。

 

 

 

続きを読む

外国人に「は」と「が」の使い分けについて聞かれた件、日本語って難しい

f:id:sousakubito:20190127233420j:plain

外国人の方から、ふいに日本語について質問されたとき、答えられないことがあります。

」と「」の使い方についてが、その1つです。

主語の後にどちらの助詞をつけるべきか?

普段は無意識に使い分けていますので、どのような場合に「は」と「が」を使い分けるのか?が、説明できないんです。

 

続きを読む

ペットロスや大切な人との別れからくる『ロス感』で、ストレスが長引かないようにするたった1つの行動とは?

f:id:sousakubito:20190113211340j:plain


ロス感』というのは、若者コトバです。

何かを失った感じ、損失した感じ、喪失感に苛まれる、などの意味で使われる言葉で、内実はシリアスであっても、それをカジュアルに表現したりするのに用いられます。

いかにも現代風だなと感じられますが、この「ロス感」は、ちゃんとちゃんとに感じ切らなくてはならないものだと、痛感している今日この頃です。

それは、自分自身が半端ないロス感に苛まれていることに気づいたからです。

 

 

 

続きを読む

死に水を取る、人生を逆から眺め不倫を省みてみる

f:id:sousakubito:20190109111727j:plain



私が尊敬してやまない75歳のN子さんは、ある日ある行動に出ることを決意しました。

それは、夫の死に水を自分が取るのか?それとも愛人が取るのか?を聞いてみるという試みです。

N子さんはもう15年もの間、大きな邸宅にお手伝いさんと二人で暮らしています。同じく70代のご主人様は50代の愛人の家に入り浸ったのちに一緒に暮らしていたからです。

 

 

 

続きを読む