「どうでもいい」という口癖

f:id:sousakubito:20180718173344j:plain

「どうでもいい」

という言葉を息子がよく言ってます。

それってどうかな!?

そう聞かれたので、考えてみました。


普段からつかっている言葉が、自分の人生に影響を与えるのは、「思考」する時に「言葉」を使うからですよね。

「どうでもいい」という言葉も同じで、どうでもいい人生をつくっていく『思考』の道筋をつくってしまうのだと思います。

「どうでもいい」という意味を考えてみるとよくわかります。「誰が何をしようが、どんなことがやってこようが、自分はどうなっても構わない」という意味になる。

(> <)きゃっ怖っ。


もしも本心から「どうでもいい」と思っているならば、こんな言葉 に言い換えてみたら、まだいいのかもしれません。

「特にこだわりはないよ」

何かの対話の時にどっちがいい?とかそんなことを聞かれた時に「どうでもいい」と無意識に答えてしまうのでしょう。

でも「どうでもいい」は恐ろしい言葉なので、そう聞かれた時には「特にこだわりはないよ」と言ってみるのはいかがでしょうか!?

息子さんに提案してウンと言ってくれるかどうか...わかりませんが、警告しておくことも大切かもしれません。将来に関わる大切なことなのです。

使っている言葉は、思考していく時の道しるべになるから。。。

「どうでもいい」という言葉をNGワードにしたら、幸福度が上がるって、身を以てわかると思いますよ。