気持ちいい心でいたい

できることならいつも清々しい心でいたいと願う私の日記ブログ

私が卒業アルバムをすべて断捨離した理由

f:id:sousakubito:20180914234146j:plain

『卒業アルバム、ぜんぶ捨てちゃった!』と友達に話したら、すごく驚かれました。

誰だかの住所を調べて欲しいと聞かれたので、そう答えたのです。

そしたら、「えっ!?フツーは捨てないよね!?」と、返ってきたんだけど、彼女は自分の卒アルがどこにしまってあるのかさえわからず、私に問い合わせてきたのですから、「あなたも同じようなもんでしょ?」と、心の中でクスッと笑っちゃいました。

ところで....
あなたは卒業アルバムって大事にとってありますか!?

(外部リンク)
にほんブログ村テーマ『すっきり暮らす』

 

過去の自己イメージを捨てるために卒アルを捨てた


卒業アルバムを全部捨てたのは、スッキリした暮らしをしようと決意した6年ほど前のことです。

とはいえ、それはきっかけに過ぎず、卒アルを捨てた本当の理由は、『自己イメージ』をアップグレードさせるためです。


私の両親は、子供の頃の私になぜだか「勉強しなくていい」といつも言っていました。昔の人なので、女の子はガリガリ勉強などしないで、優しく可愛くいて欲しいと願っていたようです。

ついうっかり宿題などやっていたら、母が部屋に来て「勉強なんかしてないで、早く寝なさ〜い♪」とやめるように声をかけてきたりするような環境でした。

NLP催眠療法を学んだことがある方ならご存知かと思いますが、「◯◯しなくていいんだよ〜」というソフトな言い方は、洗脳方法の一つです(笑)。

そう声がけされると、言われた方は「◯◯してはいけないんだな」と思い込むのです。

繰り返しそんなメッセージを受け取っていると、やがて無意識にその思い込みが根付いてしまいます。

勉強禁止令が発令されているわけですから、学生時代は勉強しないように心がけてきました。

だから、学生時代の私は、ずっと「自分の力を出し切っていない」状態だったのです。

「トライしたけどできない」よりも、「何もせず何も成し遂げられない」方が、不完全燃焼感があるものです。

そんなこんなで、10代の私はとても自己イメージが低かったと思います。

www.mind-circle.com

 

大好きな友達や先生は捨ててない

   

その頃の自己イメージの低さは、卒アルの最後ページについていた作文からも読み取れました。内容がなんだかネガティブなんですよね...(笑)。

それを読んだら速攻で、過去の自分を脱ぎ捨ててしまいたくなりました!

なんの躊躇もありません。

担任の先生も好きな先生ばかりだったし、友達と遊んだことや修学旅行など、楽しい思い出もいっぱいあります。もちろん初恋のアノ人も。

でも、それとこれとは別です。

友達や恩師を捨てるのではなくて、過去の自己イメージが低かった自分を捨てたかったんです。

(外部リンク)
にほんブログ村テーマ『断捨離してますか?』 

 

これからも自己像を高めたい


卒業アルバムを全部捨ててしまって、困ったことは一度もありません。もちろん、後悔もないです。

普通の写真は、まだとってあります。思い出を捨てたい訳ではないからです。

私が断捨離したかったのは、過去の自己イメージが低い自分、自分の力をちょっとも出していなかった自分、なのです。

自己イメージ(自己像)は、自分で書き換えられるものです。これからも、どんどんアップグレードしていけたらいいな〜。

そうしていきたいです!