気持ちいい心でいたい

できることならいつも清々しい心でいたいと願う私の日記ブログ

会話中に「侵略されてる」と感じさせない、円滑なコミュニケーションをする方法

f:id:sousakubito:20190311010631j:plain


誰かと会話していて「なんだか侵略されてる感があるな〜」と、圧のようなものを感じることがあります。

例えば、いろいろ質問されまくったり、何も聞いてないのにアドバイスを語り続けたりする人もいます。

でも、それは「何か話さなくちゃ!」という相手の気遣いからきていることもよくありますので、一概に嫌な人だと決めつけられません。

 

 私もコミュニケーションの最中に、気を遣うあまり質問しまくってしまうことがあります。相手のちょっと困惑した顔で「やりすぎた!」と、気づいたりするのです。

そんな風にならないためには、どうすれば良いのでしょうか!?

円滑なコミュニケーションをするために大切なことは、相手に「侵略されてると感じさせない」こと。


そのためにできることは....
意外と簡単なことなのです!

 

www.mind-circle.com

 

相手の範囲に侵入しないようにする方法

 
人とのコミュニケーションにおいて、相手に “侵略されてる感” を与えないためには、

 

円滑なコミュニケーション

「自分の範囲内」に留まりながら
会話を進めていくこと。

 

つまり、自分サイドの事情を話す。自分の気持ちを話す。ということです。

私の失敗談のように、相手に質問ばかりしていると相手は自分のプライベートエリアに侵入されたような気分になってしまいます。

本気で質問したい場合は、自分サイドの事情を先に話すことが得策です。

「あなたのやっている○○に以前から興味があったのでお聞きしたいのですが...」などと、自分の範囲内から質問を投げかければ、相手も詮索されている感覚に陥ったりすることもなく、コミュニケーションが上手くいきます。

具体的には、


主語を「私は..」にして話す。です。

 

 

www.mind-circle.com


勝手な解釈は、相手の範囲を侵略している事になる


過度に『質問』しずぎることの他にも、相手に侵入された感を与えてしまうことはいくつもあります。

一つは、『アドバイス』をしてしまうこと。詳しい事情も知らず、相手のことを深く理解していないのに、アドバイスをしてしまうのは、相手サイドへの不法侵入です。

それと、相手の『気持ちを勝手に解釈してしまうこと。これもすごく侵略されてる感覚をもってしまいますよね。


事情』を勝手にストーリー化されることもあります。

あるご婦人が、シングルマザーになったばかりの30代女性に対して、「あなたは今、大変な境地に立たされ苦しんでいますよね、私にできることがあれば言ってください」と優しい言葉をかけていました。

ですが実際には、その30代女性は数年後も見据えて計画的な離婚をしていますし、仕事もあるので、先の心配はないのです。しかも元夫に心がないので辛くもなかったのです。



www.mind-circle.com


テクニックではなく、心のあり方で変わる!


コミュニケーションに関することは人間関係に直結していますので、興味を持つ人が多いサブジェクトです。

会話についてのテクニックについては、書籍もたくさん出回っています。

ところが、人と人とが会話を交わすときは、完璧にパターン化されているわけではありませんので、その通りにいくとは限りません。

テクニックだけを知っていても、上手くいかないこともあるのではないでしょうか!?

『自分サイドの範囲内から会話する』ことだけを意識していれば、テクニックなどを駆使しなくても、大抵の場合コミュニケーションが上手くいきます。

「侵略されてる感」を持たせることなく、自分の範囲内だけに留まっていれば、人との会話において問題が起きることはほとんど無いでしょう。

テクニックにこだわるより、意識を変えてみたり、「心のあり方」を見直す方が、より大きな違いを生み出せたりするのです。